放送と通信と日常と
by tkt33
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
セマンティックWebの足音
 秋元@サイボウズ研究所プログラマーBlogで、Microformats検索サービスが紹介されてた。

 Technoratiに送られたpingの中から、hCard,hCalendar,hReviewが含まれるエントリを検索出来るサービスだそうだ。




 microformatsの可能性が大きいのは言わずもがななんだけど、さすがに一般の人がXMLをガシガシ書くようになるとも思えないので、各ブログサービスでの自動生成ツールの登場が普及の鍵だろう。

 hReviewのDraftなんかを見ると、authorの顔ぶれもTechnoratiを始めYAHOO,Microsoft,AOLと、なかなか熱い感じだ。

 Technoratiを中心に検討されていってるみたいだけど、Googleはあまり興味がないんだろうか。Google Labsでmicroformatsサーチなんてのが出てきてもよさそうなのに。

 Technoratiのサービスだと、自薦にしろ他薦にしろ「登録」というステップが必要なようなので、コンテンツが増えて取りこぼすようになると、どうしてもGoogleみたいな(わりと)「全数検索」が強くなるんじゃないだろうか。

 あ、MSNサーチでもよいのか。

追記
-----

 SpeedFeedでも同様のネタが取り上げられてたんだけど、「Google Base とほぼ同じ狙いを持つトライアルであると言っていい。」なんて話が。

 だとすると、Google今回は間違えてるんじゃないの?という気もする。
[PR]
by tkt33 | 2006-06-03 02:25
<< ruleとgovern アグリゲーションサービスは強い >>
忍者ツールズ RSS feed meter for http://takat.exblog.jp