放送と通信と日常と
by tkt33
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
敗軍の将 兵を語る
 今朝の日経に、W杯に関してのジーコのインタビューを載せたコラムがあった。

 戦術や試合中の細かい動きに関してのコメントもあったが、ジーコが総じて語っていたのは「日本人の弱さ」であった。

「全体練習の後に補強練習をする者もいれば、すぐ引き上げてしまう者もいた。それは周りからのプレッシャーを感じていないからではないか。負けて国に帰ってもトマトや卵をぶつけられるわけではない。そういう行為は決していいことではないが、厳しさのある国にはかなわない」


 非常に印象的なコメントだ。選手達が全くプレッシャーを感じていなかったか、というとそうではないだろう。ジーコは、世界のトップレベルで戦うには「足りない」と言っているのだ。そして当然「卵をぶつけろ」と言っているわけではない。

 日本人は個を大切にするあまり、自己中心的になっていはしないだろうか。そしてそれは「背負っている」という自覚を薄れさせてはいないだろうか。何もサッカーに限った話ではない。ジーコが言わんとしていることからは、多くの背景を考えるきっかけになっているはずだ。

 W杯はまた4年後にあるが、果たしてそれまでに日本人はどれだけ成長出来ているだろうか。
[PR]
by tkt33 | 2006-11-15 22:58
<< 明日のネットワークインフラ Xen と Windows >>
忍者ツールズ RSS feed meter for http://takat.exblog.jp