放送と通信と日常と
by tkt33
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
Windows Server 2003 の SNMPサービスメモ
Windows Server 2003 のリソース監視をすることになったので、とりあえずSNMPエージェントのサービスを立ち上げた。後日 net-snmp をインストールして、

snmptranslate -Tp | more

とかでMIBツリーを見てみたんだけど、どうもメモリやdisk等の情報が見当たらないので困った。




 どうやら、標準のSNMPエージェントだとメモリとかディスクの情報は取得出来ないらしい。調べて見ると、この辺が非常に参考になったので、SNMP Informant を入れてみた。

 インストールされた MIB ツリーを見てみると、OID 1.3.6.1.4.1.9600.1.1 以下に追加されているらしい。試しにDiskの残り容量を取得してみた。

>snmpwalk -v 1 -c public localhost 1.3.6.1.4.1.9600.1.1.1.1.20
SNMPv2-SMI::enterprises.9600.1.1.1.1.20.2.67.58 = Gauge32: 52003
SNMPv2-SMI::enterprises.9600.1.1.1.1.20.2.69.58 = Gauge32: 2191
SNMPv2-SMI::enterprises.9600.1.1.1.1.20.2.70.58 = Gauge32: 2114
SNMPv2-SMI::enterprises.9600.1.1.1.1.20.6.95.84.111.116.97.108 = Gauge32: 56308


 できたらしい。メモリの空き容量も取得してみる。

>snmpwalk -v 1 -c public localhost 1.3.6.1.4.1.9600.1.1.2.3
SNMPv2-SMI::enterprises.9600.1.1.2.3.0 = Gauge32: 126


 大丈夫なようだ。よかったよかった。
[PR]
by tkt33 | 2007-02-21 23:41
<< メール利用形態の変化 憲法九条を世界遺産に >>
忍者ツールズ RSS feed meter for http://takat.exblog.jp