放送と通信と日常と
by tkt33
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
<   2004年 09月 ( 6 )   > この月の画像一覧
いつの日も雨
 ここしばらく秋雨が続いた。

 音楽を聴いたり、なにかの匂いをかいだりした時のそれと同じように、雨にうたれても、いつかの景色が甦る。傘をさして歩く帰り道だとか、交差点で信号を待つ時のワイパーの静かな音だとか。
 
 雨が降るだけで、随分と心が静かになる。
[PR]
by tkt33 | 2004-09-28 14:37
9月のセントラルパークブルース
 先週末帰郷して、ここんところ連日連夜飲み会続きだ。安い酒で楽しく酔えるんだから何も文句はないんだけど、そろそろ俺の軟弱な肝臓が悲鳴をあげてる気がする。

 ウィリアム・ジェームスは言った。
 
 人生は生きてゆくに値するか?それはひとえに肝臓にかかっている。

 これまたアルコール度数の高い言葉だ。
[PR]
by tkt33 | 2004-09-22 02:38
St. Francis Xavier
 朝、りんかい線に乗って座ったら、対面のシートが全員メガネで、思わずふきだしちまった。「ぷっ」って。全員に見られてすげー気まずかった。新聞で隠したけど、相当にやけてたハズだ。あー恥ずかしい。

 「近視を含め眼鏡装用者の比率が教育水準に比例することは世界的に見ても定説となっています。」だそうだ。http://www.jamcon.co.jp/iroiro9706.html
 
 あんなに面白いのに。
[PR]
by tkt33 | 2004-09-17 15:39
暮れる想い出よ go away
b0009514_15452468.jpg
 先日、携帯電話を換えた。技術の進歩っていうのはとても早くて、1年も使っていると最新との格差に驚かされる。高機能なカメラにアプリケーション。最近の携帯は通話機能がおまけみたいな感じで、本来の目的はもうよくわからない。通話のできない前の携帯も、メモリを見ると古いのから新しいのから写真が残ってて、なかなか楽しいもんだ。

 去年の今ごろは全員違う場所にいて、全然違う景色を見て、全然違うことを考えてた。変わっていったものばっかりで、残ってるものを探すのには一苦労だ。周りにいた奴らも変わった。でも、それは特別なことじゃない。俺だって同じなんだから。
 そんなもんなんだろう。変わらないものを見つけた気がしても、明日になれば壊れてる。明日は壊れなくても、明後日はわからない。そんなもんなんだろう。
[PR]
by tkt33 | 2004-09-13 16:01
above the chimney tops
 職場の12階の窓から虹が見えた。東京で見たのは初めてだ。5分くらいで消えたんだけど、丁度川の中から出てるみたいでなかなかきれいだった。
 「北海道は虹のスケールもでかい」なんて誰かが言ってたのを思い出した。
 虹を見れるんなら、雨が降るのも悪くない。
[PR]
by tkt33 | 2004-09-07 17:53
メルティングポット
 世界は広い。そして、クレイジーな奴も多い。CNN.co.jp

 なかでもアメリカンは群を抜いてクレイジーな気がする。じゃなきゃ太りすぎてもマクドナルドを訴えたりしないし、喫煙者は煙草会社を訴えない。チーズバーガー法なんて思いつきもしない。
[PR]
by tkt33 | 2004-09-01 12:11
忍者ツールズ RSS feed meter for http://takat.exblog.jp