放送と通信と日常と
by tkt33
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
タグ:opinion ( 9 ) タグの人気記事
テレビは終わってなどいない
 先日、Interop2007を見学してきた。といっても、目的は古川氏の講演を聴講することだったが。『IPNetwork新時代』と題された講演であり、内容もまさにIPNertworkのこれからを垣間見ることが出来る素晴らしいものだった。

More
[PR]
by tkt33 | 2007-06-15 12:01
憲法九条を世界遺産に
 太田光さんが好きなので、なんとなく『憲法九条を世界遺産に』を買って読んでみた。

More
[PR]
by tkt33 | 2007-02-08 21:28
敗軍の将 兵を語る
 今朝の日経に、W杯に関してのジーコのインタビューを載せたコラムがあった。

 戦術や試合中の細かい動きに関してのコメントもあったが、ジーコが総じて語っていたのは「日本人の弱さ」であった。

「全体練習の後に補強練習をする者もいれば、すぐ引き上げてしまう者もいた。それは周りからのプレッシャーを感じていないからではないか。負けて国に帰ってもトマトや卵をぶつけられるわけではない。そういう行為は決していいことではないが、厳しさのある国にはかなわない」


 非常に印象的なコメントだ。選手達が全くプレッシャーを感じていなかったか、というとそうではないだろう。ジーコは、世界のトップレベルで戦うには「足りない」と言っているのだ。そして当然「卵をぶつけろ」と言っているわけではない。

 日本人は個を大切にするあまり、自己中心的になっていはしないだろうか。そしてそれは「背負っている」という自覚を薄れさせてはいないだろうか。何もサッカーに限った話ではない。ジーコが言わんとしていることからは、多くの背景を考えるきっかけになっているはずだ。

 W杯はまた4年後にあるが、果たしてそれまでに日本人はどれだけ成長出来ているだろうか。
[PR]
by tkt33 | 2006-11-15 22:58
巨象よ踊れ
b0009514_23544326.gif日本マクドナルド、ついに連結営業利益が651.3%増という記事を知って、これはもしやと思いことの詳細を見に行ってみたんだけど、やっぱりダメかも。

More
[PR]
by tkt33 | 2006-08-03 23:57
niftyのエンジンはtechnoratiとは一味違う
b0009514_14533810.gif


 @niftyラボでクチコミサーチWiPiなるサービスが開始された。本やゲームといった商品に対してレビューを行っているブログを検索・解析し、ブログ上でどんな商品が話題になっているのかを知ることが出来る、というサービスだ。

 一見するとTechnoratiの二番煎じサービスだが、どうやらそうではないらしい。

More
[PR]
by tkt33 | 2006-06-15 14:54
ruleとgovern
 b0009514_23331432.gif
Censored Searches on Google.cn via GIGAZINE

 2006年1月にサービスインしたGoogle.cnなんだけど、例によって検閲リストなるものがあって、検索結果もしっかり検閲されてたみたいだ。

More
[PR]
by tkt33 | 2006-06-10 01:43
アンドロイドは電気羊の夢を見るか
b0009514_038476.gif 先日またもや、Googleの新サービスGoogle Trendsがリリースされた。


More
[PR]
by tkt33 | 2006-05-15 01:43
Linuxのセキュリティが脆弱な理由
  「Linuxは簡単」という小学生は90%,教員は60%---経産省による導入実験,結果公開

 オープンソースのGUIやアプリケーションでも、商用のものにひけをとらない評価を一般レベルから得たというのは非常にいいニュースだ。ただ、現状のまま家庭への普及を考えるのは馬鹿げている。

More
[PR]
by tkt33 | 2006-05-13 02:42
public opinion from blog network
 「面白い」コラムを見つけた。

これでいいのか? ブログ世界の理不尽な未成熟さ via H-Yamaguchi.net
 総務省の予測によると、2007年3月末で、ブログの利用者は782万人、閲覧者は3455万人に達する見込みという。ネット社会の中軸たるべき存在となっているのだが、その実態たるや、きわめて陰湿、低次元でお粗末きわまりない。匿名で罵詈雑言、誹謗中傷を浴びせあう世界となっているのである。

 筆者はそれを身を持って体験した。いまだにブログの世界の一部では、相当に理不尽な人間として扱われているようだ。「ものかき」を中心とした仕事をしているから、よくも悪くも話題になるのは結構なのだが、それにしてもブログの世界の水準はひどすぎる。アメリカのようにブログがジャーナリズムの一角を占める時代は、日本には来ないのではないかとすら感じている。

-----

結論から言うと、blog は既にジャーナリズムの一角を占めている。

 blog とは本質的に書き手の自己表現の場の一つだ。日々積み重ねられるエントリから、書き手が何に注目しているのか、それに対してどう感じているのかをうかがい知ることが出来る。スポーツのエントリが多いならその人はスポーツに興味があるだろうし、映画に関してのエントリが多いならその人は映画が好きというわけだ。

 多くの人は、知りもしない他人の日記を見たところで面白くもなんともないだろう。道ですれ違った誰かに対して、「この人は昼に何を食べただろう?」なんてことは考えない。それでも、多くの人が興味がないであろうその日記を、机の引き出しの中のノートに書くこととインターネットに公開されている blog に書くことでは全く意味が違う。

 アーカイブし、解析、検索する技術は日々進化し続け、世界中に散らばる情報は瞬時に手に入るようになった。誰もが閲覧可能な「意見、行動、意思」を誰もが書くようになれば、そこから社会がどう構成されているのか分かるようになる。

 例えばの話だが、文章の文意を解析できるテキストマイニングツールがあったとして、「小泉首相」をキーワードにそれを検索出来る限りの blog に対して、1週間程度クロールさせる。ツールは、文意から支持なのか不支持なのか分かる程度の精度でも構わない。1週間後には間違いなく小泉首相の支持率に近い結果が得られるはずだ。

 700万人という上記の数字が正しいものかどうかという話はあるにしても、それは既に決して無視できるような数ではない。「その実態たるや、きわめて陰湿、低次元でお粗末きわまりない。」のであれば、それは blog の世界が、ではなく残念ながら700万人が形成する世界が「実態は低次元でお粗末きわまりない」のだ。もちろん、700万の一部をピックアップしての「実態は」という言葉だが。

人の考えは、他人の考えを知ることで磨かれる

 今後は、700万人超の人が blog や SNS で新しいコミュニティを形成していく。それが SBS 等で共有され、テクノラティ等のサービスでは流行が解析される。新しい社会の形が出来つつある。

 ここ1-2年で、あちらこちらで Web2.0 という言葉が大流行しているが、それは何も技術的な話だけではない。今までに無い user experience 。「情報」を「共有する」ことの意義と、「共有できる」ことによる可能性の大きさを、誰もが感じ始めているからに違いないのだ。
[PR]
by tkt33 | 2006-04-18 01:28
忍者ツールズ RSS feed meter for http://takat.exblog.jp